長男の進路が決まった3月中旬。
それと同時に新たなる問題が・・・

それは地区役員人事。
僕の住んでる地区では現職役員数名が選考委員となり次期役員を決めることになっている。

現職役員の僕も選考委員として27年度の役員等を決めることに。
選考委員が決めた人事にはノークレームが通例。
あーだこーだと言いかけたらきりがないので毎年決定通りに受けなければならない事に暗黙の了解となっている。

だから選考委員は分かる範囲内で家庭の事情も汲み色々と考慮して決めなければならないんです。

そして、迎えた3/15の次期役員発表。

2名の方が拒否。

前代未聞の出来事!

その場でお一人方には「その役は順番なのでどうか引き受けてください。」とお願いし承諾を得る。
でも後日、僕の名前を出して、「今年の選考委員はなってない!あんな奴に任せるのがあかんねや!」
と散々に僕の悪口を言いまくっていたらしい。 
なんで僕だけ?  (辛

もう一人の方は、「家庭の事情がありお受けできません。」との事。
プライバシーの問題があるのでそれ以上はこちらから訊けませんよね。

でも、住民の方々は「そんな理由では納得できん!今回その様な曖昧な理由で断られたら来年以降もそれが通ってしまう。ちゃんとした理由を訊いてきてください。選考委員さん!」

当の本人に再度理由を訊きにいくと、
「言えないほどの事情です。言える位の事情ならとっくに役を引き受けてます。」
との事。

これこそ【板挟み】ってやつですね~。

仕事上こういう事があってもあくまでビジネスって事で割り切れるんですが、
地区の事となると家族全員が関わる事にもなり、スパッと割り切って進められないので面倒くさい。

「誰も受けないのなら私がしますよ」という方が現れるのを待つだけ。
というか色々と根回しをしなければそんな人は現れない。
その根回し役に指名されたのは僕・・・
あーめんどくさい。
なんとか交渉成功。

3月29日、最終報告期限ぎりぎりで何とか決まった!
けど、疲れた~

もちろん誰も誉めてはくれない。
当たり前の事をしただけ、らしい。
というより、僕のせいで今年の選考はもめたって事になってるらしい。
どういう事?


以上、第二の試練のお話でした。





このブログ、一応マラソンカテなのでちょっと走った話も(^^;

3月29日にゴタゴタとした事が終わったので翌日から気分も晴れやかにラン再開。

3/30 8.11km
3/31 11.2km
4/1  10.1km
4/1  10.0km

太ももに張りを感じるも、過去痛めた部位ではなく故障系の痛みではない。

無理せず走って、5/3のユリカモメ武庫川70kmに間に合えばいいかな、と思います。



さあ、次回は第三の試練、【詐欺】編です。
あんな巧妙な手口、まさかの展開が!





にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://runner1967.blog.fc2.com/tb.php/96-21d7b2a7