前記事で書いたように、42.195kmは4時間40分位で通過したと記憶しているのですが、
チャレ富士72km覇者様サブ3.5の長居の女神様、及びちゃうちゃう様がその前の私設エイドに来られたのを書き損じていました。
実はその次の周回だと思っていたんですが、ひよパパさんのブログを拝見するとこの時点で来られたと確認しました。
ぼやーっとして走ってたのがバレバレですね。

カブさんを見た瞬間、挨拶もせずに「風除けになって~」と発注したのを思い出しました。
(憧れブロガー№1?のカブさん、すぐさま楯になり数メートル走ってくれました。さすがです!)

かおりんさん(サブ3.5の長居の女神様、ってやはり長いね~)が、
「何飲む?」「何食べる?」と色々まくしたてられ勧めていただきました。
結局、「これ食べ!」と冷たいフルーツを手渡されありがたく頂く(^^)/。

ちゃうちゃうさんに至っては、ほぼ初対面にも拘らず遠慮せずに注文した補給に応えて頂きました。

暑いし、脚は棒みたいになってきたし、景色は変わらんし、走るのに飽きてきてたし、一人ぼっち参加なら棄権してたかもしれない時です。
ほんとに励みになりました。ありがとうございましたm(__)m

この時だけではなく、後々もサポート頂くことになりますが。


さてラップといえば、
41km~50km
6:50 6:56 6:51 9:24 7:05
7:38 9:10 8:29 8:18 7:25  1:18:06 7:48ペース

エイドで過ごす時間が長くなる。
かぶり水を両脚にかけ、頭からかぶる。そして、飲み物を頂き・食べ物(主に梅干しや塩昆布)を頂く。という一息つく程度の休憩なのだがこれでで1分以上も費やされる。

飛騨高山で今回の様に全てのエイドに立ち寄っていれば大きなタイムロスになる可能性がある。
体調をみながらでしょうが、エイドをどれだけ活用させてもらうかを考えさせられましたね。
やはりボトルを携帯し、給水のみのエイドはやめておこうと思います。
ということは、やはり↓を購入か!
YURENIKUI
yurenikui.jpg
今持ってるボトルポーチはボトルのみ収容タイプ。iPhoneや小銭などを入れるポーチをもう1つ付けるのは考えられないし。
また出費やな… 奥さんにどう説明するかやな…


43kmでの6:51を最後に、ゴールするまで6分台は見る事なく走ることになります。
膝・太もも・腰・肩を中心に痛みが体中に発生。
時々立ち止まり、痛い個所を揉んだり伸ばしたりして時間が費やされる。
ロキソニンを服用するのも考えたんですが、いける所までいこうと思い結局は服用せず。
(実はその後、ボーッとしてロキソニンの存在を忘れちゃいました…)

この辺りからランナーの数が徐々に減ってきた様に思います。
調子が悪く棄権される方もおられたでしょうが、
「もうここで終わりや~」とか、「よっしゃ~、去年より走ったぞー」とか、最初から完走ではなく、どこまで走れるか?という目標(課題)をもって走っておられる方も多かったと思います。

そういう方が仲間の元へ帰り「すごーい!」「よう走ったな、偉い!」とか言ってもらってるのが羨ましい。
『僕も終わろうかな~』とそんな考えが頭をよぎります。
しかし!『メンバーの皆も走ってるんや、甘えたらあかん、がんばって走るぞ』と思い直す事が度々…

という身体も気力も落ちてきた5週目でした。
6・7週目はもっと落ちます。でも女神様2人+大きな人が再登場




にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://runner1967.blog.fc2.com/tb.php/9-7d6ea470