今回の記事、小さくしてますが下記の画像はちょっと汚いので勇気ある方のみクリックしてください。
(スマホで見ると鮮明な画像となりますので要注意!)










6月に爪が黒くなり、数週間前より浮いてきた感じ。


何故に黒くなったか?
『ランニング 爪 黒い』と入力して調べてみれば、ほとんどが、
「シューズのサイズが小さい為に云々・・・」とあります。

僕の場合は逆で、指先に余裕があり過ぎてこうなったみたいです。
だって、店員さんに大きめシューズを勧められたしそれを信じて買ってましたから。

前後左右に足が動く→不安定→無意識に踏ん張る→爪先に力が入る→爪が取れる(黒爪)
(参考URLはコチラ

では何故に右足だけで左足の爪は大丈夫なのか?
それは紐の締め具合です。


僕の足は右が若干大きいんです。
なので意識して右足のシューズの紐はやや緩めにしていました。
なので上記の様な現象が起こってしまったのだと思います。
左は結構強めに紐を締めてたので、多少前後に動くことがあっても、左右には動かず爪のダメージも削減されたのでしょうか。


そして、一昨日の金曜日、ついに剥がれました。というか剥がしてやりました。


99%浮いた状態
IMG_0595.jpg

剥がれた爪と、強引に剥がした為やや出血した指先
IMG_0597.jpg


新たな爪は真っ白で綺麗かと思ってましたが、やや黒ずんでるし圧がかかった感じで見苦しく残念


でもまあ触っても痛くないし、ここから再スタート!と思うことに。




再スタートというか、全リセットというか、
9/14丹後ウルトラマラソン、DNSとなりました。
(参加案内が届き、本来ならテンションUP!という記事を書きたかったところですが。)


6/8飛騨高山ウルトラマラソンを走り終え、次なる目標として掲げていた大会。
残念です…。


主たる原因は、当日、地区行事のリーダーに当たってしまいどうしても抜けられないという田舎ならではの理由。
RUNより家庭・仕事等を優先するのは当たり前ですし、今回も仕方がないと割り切りました。
(ほんとは全然割り切れず、悶々としてますが…)

DNSのもうひとつの理由に、

現時点で100kmを走る身体になっていないという事。
高山で痛めた左膝痛を完治する事ができず、まともなトレーニングもできていない
スタートラインに立つことができたとしても30kmも走れず棄権となるのが目に見えてます。

膝の不安を残したまま、地区行事が無くても出場していたかどうか?
自信をもってそれを答える事ができません。

来年こそ、6月の高山と9月の丹後のダブルウルトラ完走を目指すZ!


今は、10/12の【あざいお市マラソン】(ハーフ)と、10/26の【大坂マラソン】(フル)に向け、気持ちを切り替える事が大切。
この2つの大会をどう走るかは決めていませんが、まずは完走できる身体を作っていかないとね。




丹後を走られる皆様、其々の目標が達成される事を祈っています!
ガンバレ~

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村









スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://runner1967.blog.fc2.com/tb.php/42-e7b2020a