こんばんは

神戸マラソン、参加案内がダウンロードできる様になった。
コチラ

一昨年と違う所は何処かな~と思って読んでみた。
参加Tシャツ、男性用と女性用になってる!

さすが神戸って感じ(^^♪

今までの男性用のTシャツも他の大会Tシャツより丈がやや短めでお洒落な感じを打ち出していた。(と思う)
そして今年からは男女別のTシャツ。

それを着てみた女性ランナーさんの感想を聞いてみたいもんです。








さて丹後。
95km過ぎの、【琴引浜鳴き砂文化館】から。

僕の前に歩いていたのはリンさんだった。
「もうダメみたい・・・。OS1すら受けつけられないんで・・・」
と。

「もう少しでゴールやし、諦めずに何とか頑張ってください」と言うしかなかった。

20回目の100kmのリンさんでもこんな事になっちゃうの?
恐ろしやウルトラ。

ただその後リンさんは胃の中の物をリバースされ一気に復活!
もう少しで追い抜かされる位の勢いでゴールされました\(^o^)/

サロマでの優ちゃんと同じ感じの症状だったのかな?


僕の場合、ウルトラを含めフル等でも胃腸をやられ苦しくなった事はとりあえず今迄はない。
走力はイマイチだが胃腸は丈夫なので助かってる。


ポツポツと走っていると、【京都最大の淡水湖】と看板のかかった離湖。
琵琶湖を見慣れた滋賀県民にとってはただの池としか見えなかった。

という、しょーもない事としか考えられない脳で走り続ける。

ラスト1kmちょっとの所。
網野高校を左に見て歩道を走る。
その歩道に植わっているヤシの実の木みたいなの(ソテツ)が邪魔、というか肌に刺さりそうで避けながら走るのが辛かった。

ゴールまであと1km!
そんな時、沿道の女性から
「おかんはいないんですか!」と突然声をかけられる。

「えっ」、たじろぐ僕にその女性は、
「そのTシャツ着てるって事は同じチームでしょ! おかんはどこ!?」、と矢継ぎ早にまくし立ててくる。

RUMIOKANさんの事と分かったが、ルミさんが今日どこにいるのかは分からん。
それに、同じチームといわれてもちょっと説明するのがここでは面倒くさいし。

99km走った脳だが、かすかに覚えている記憶をほじくりだした!

「今日はココにはいーひん。どこかでトライアスロンしてるはずやわ!ゴメン。」
と言って再び走りだす。

この女性、ご自分では熱狂的なRUMIOKANさんファンと仰ってた。
ならば今日ここにおられない事を知っておいて欲しかったな。

だってこの質疑応答で立ち止まる事になり結構辛かったし。


とはいえ残すは1kmもない。

沿道はご近所の皆さんに加えスタッフの方々で一杯。

泣きたい気分だったが、なによりもゴールが先!と頑張る!

そして仲間の待つ感動のゴール!!!!!

(って誰もいませんでしたけど・・・。)

まあ、あんな事やこんな事があったので仕方ない。
一人、ゴールの感動をかみしめる。




着替え場所の体育館。
その入り口には1位の「やべっち」さんが余裕の寝待ち。
着替え終えてホッコリしてたら、なぜかえーかわさんと記念写真。

IMG_1400.jpg
100km走り、しおれた僕。何とか笑顔(^^;

その後、あの方この方の無事を確認し、とりあえずこの場にいる皆さんで!
IMG_1401.jpg




あと一回だけ続く。






にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村













スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://runner1967.blog.fc2.com/tb.php/199-c2e02957