こんばんは


番外編やら京都の事やらで脱線してたけど、丹後レポを再開。(あくまで備忘録)


62km付近のぐわぁエイドを後にし、いざ碇高原頂上へ!


その碇高原管理事務所エイドは73.8km地点
標高差は約400m弱。
それを10kmちょっとで一気に上っていかなくてはいけない。(途中、一旦下り坂もあるけど)


本来なら不安を抱えながら走らねば(歩かねば)ならないところやけど、この区間も前日に車で試走済なので安心。
ちょっと日差しが強くなってきているが、灼熱ではないのでこんな事にはならないであろう。


でも何が起こるか分からないのがウルトラ。と思いつつユルユルと走ったり歩いたり。


日影がない、と聞いていた。
なので100均で購入した綿100%の布【ひざかけ】をサンバイザーの後ろに挟んで後頭部~首筋を太陽光から保護。


なぜ綿100%かといえば、保水力がよく日差しカットと共に首筋をひんやりと冷やしてくれる。
この保水力、同じ100均で売ってる【手ぬぐい】ではポリエステル製なので不可能。


ただこの【ひざかけ】、ひざにかけるだけあって手ぬぐいより大きい。
四つ折りにしてちょうど位。
デカすぎ~


途中、歯で切れ目を入れてピリピリーっと破ってやろうと思ったけど、100均にしては丈夫な織りで破れない。


来年までに普通の手ぬぐいをゲットしておこうと思う。


第三関門でもあり、ドロップバックもある碇高原管理事務所エイドに到着。

IMG_1364.jpg

見える景色はほんわかした牧場。
でもこれ前日の試走の時の写真。
当日は写真を撮る余裕はなかったな~
すぐさま、荷物から冷却スプレーを取り出し中身がなくなるまで両脚にずーっと噴射。


落ち着いたところでレッドブルを飲み、補給ジェルを足す。
あやふやだったけど、失くしたペース表には15分の休憩時間があったと記憶していた。


でもそんなに休まなくてもいい感じの身体の状態。
さっさとリスタート。


エイドで頂いたのも、カフェイン欲しさに飲んだインスタントコーヒーだけ。
中学生くんたちのマッサージもスルー。


その中学生くん。
疲れていたのか、持ってきていた飲み物が足りなくなってきたのか、
小声で、
「コーラ欲しいな~、お前もらってきてくれよ。」
「むりむり~、俺たちはだめだよ~」
と言ってる。
その声が聞こえたのかエイドのおばちゃんおねえさんが、
「ちょっとだけなら飲んでいいよ」とコソッと渡してあげていた。
なんかホッコリしたな。


そんな気持ちをもちつつ走りだせばちょっとした上り坂でややブルー。
そんな上りははんのちょっと。


前日試走はこの地点で終了していた。
その時にサトさん曰く、
「ここから一気に下るんですよ~、でもあと2回上りがあるんですよね~、それがまるで崖の様で・・・云々」
想像し辛いが大変な坂が続くのは分かった。


さあどんな下り坂が待っているのか!?


ここまでのラップ
06:48  10:53  07:14  06:46  08:33
06:47  07:27  08:54  08:21  09:30   60km~70km  1:21:13
ぐわぁエイドで休み、その後も上り坂だったにも関わらず意外とええ感じのペースだったみたい。

11:01  10:20  07:05  07:23  15:51   70km~75km  52:40
後から見ればここもええペース!(自分比
上り坂を遅いなりにもせっせと歩き、碇高原管理事務所エイドも滞在期間を最小限で留めてる~(^^♪



さあ残り、1/4。
ええ~、まだ残り25kmもあんのかいな・・・。
とは思わず、
ええ~、もう残り25kmしかないのか・・・。
と本当に思ったラスト4分の1。

苦しかったけど、めっちゃ楽しかったもんな。













にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ></a><br /><a href=にほんブログ村










スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://runner1967.blog.fc2.com/tb.php/187-15cfca2f