こんばんは

DAIGOさんゴーール!
お疲れ様でした。


人の心配をしている場合ではない。
丹後まで1ヵ月を切った今、大変不安。

何故ならロング走が出来ていないから・・・

飛騨高山は1ヵ月前に武庫川70kmがあり、いい準備ができたのが完走に繋がったと思っている。

それでは丹後の前にせめて50km走をしておかねばと思ってその日を本日23日に設定。

午後からは暑くなりそうなので5:00スタートで。
と思って早めに就寝しようとそそくさと寝室へ。

が、奥さんが『明日は7:30出発で、アレヤラコレヤラ・・・』

色々と用事があり早朝スタートを断念。

帰宅できる時間は12:30位。

頑張っても13:00過ぎスタート。

あかん。暑いやん(-_-)

ここですでに50kmをあきらめ、心の中で『40km走れたらええか。』と。

この精神の甘さがあかん!
その証拠が、いつもはランに持参しないICOCAカードをそっとYURENIKUIに忍ばせる行為に!

お昼ご飯をパパッと済ませ、チャチャっと着替えてすぐ走りだした性もあるけど、体調も万全ではなかった。

YURENIKUIを装着した性もあるのか、お腹がパンパン!

ベルトをゆるめてもパンパンのまま。

その上、腕の内側に発疹がバーっと出てきた。

『やばいな~、やめるべきかな~』
と思った10km地点。

コンビニに入ってクールダウン。(さきほどアメダスを確認すればこの時の気温は約30℃)
ポカリを購入。

汗をかいてるはずなのに、飲んでもお腹がポチャンポチャンになり全身に沁み渡る感覚がない。

『やはり引き返すべきかな』
と思ったが、
『熱中症の症状ではないしもうちょっと走ってみよう!』

そんな自問自答の繰り返しで35km走る。
(初回のポカリに加え、その後500ml×4本飲む。)

脚に痛みはない。
心が折れてしまった。(体調不良の性にして・・・)
ここでギブ(>_<)

自宅まで二駅まえの駅に吸い込まれ、電車で帰宅・・・
汗臭いし、シャツやランパンは汗でサイケデリックな模様が描かれてるし、めっちゃ浮いてたと思う。

ラン中に電車に乗ったのは初めて。
マラソン大会で途中棄権したらこんな感じなのかな~と思いながらボーッと外の景色を眺める。

駅から自宅まで約1km。

必死こいて走ってみたが電車に揺られた体では到底走れず、トボトボと歩く。

晩御飯もいつもの半分くらいしか食べれず。

明日は仕事やけど上手に体を休めないとあかんな。




なんか惨めな日曜日ランに終わってしまった・・・
丹後完走の自信がより一層薄らぐ・・・




もう寝てやる!




にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://runner1967.blog.fc2.com/tb.php/161-37d5a304