6/8に走る飛騨高山。
3週間前になってやっと何とかせねばと思い、ちょっと仮想試走を。
(ほんとはリアル試走したかったんですが、高山まで片道3時間半。ちょっと無理・・・)

大会の特長にも載ってるのが、【コース高低差約800m、上り坂全てを足した累積標高差2707mは日本最大級。】
要は、坂ばっかりやで~って事。
そんなコース高低図がこちら↓
hida.png
スタートから10km過ぎまで高低差が約350mの登り坂
及び、20km手前から30kmまで高低差が約600mの登り坂。



普段は平坦なコースばかり走ってるので、その坂はどんなもんか実感せなあかんと思ってました。
本番のペース設定の参考にもなればと、近場でよく似た登り坂のあるコースを発見し、試走。
その高低図がこちら↓

平坦なコースを走り、5.3km地点(標高138M)から登りに入ります
down.png

そして11km地点(標高469M)まで、5.7km走って標高差は331m。
ほぼ大会に近い坂道を実感できたかなと思ってます。
up.png



こんな感じの坂道↓
IMG_0497.jpg

IMG_0496.jpg

saka.png




感想。
登りも下りもしんどかった

こんな坂を30kmも登って、10kmで一気に600Mも下るんかいな(ToT)
これは思ってた以上にきついぞ。

ちなみに10km地点から11km地点までの登り坂の1kmを歩いてみたら、タイムは9:10。
結構時間がかかるな~。
しかしこれが現実。
これを参考にペース表を考えなあかん。

そうやって登りは【戦略的歩き】という事で言い訳できるけど、下りは走らざるを得ない。

しかし走る時の脚(大腿四頭筋)の負担が半端ないのでチューイチューイだ。

後半への影響を考えると、下りの走りで如何に脚のダメージを抑えるか!という課題が残りました。

とはいえ、本番まで3週間。
ジタバタしても仕方ないんですが、やれるべき事はやっておかないとね。



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://runner1967.blog.fc2.com/tb.php/14-eae38812