こんばんは

今朝、いつもの様に、
僕:「行ってきます」

ところが
奥:「どこ行くねんな!」

僕:「えっ!? 会社ですが・・・」

奥:「アホか!(゚Д゚)ゴルァ!! 」

僕:「えっ、行ったらダメなんですか?」

奥:「今日は何の日か忘れたんか!(゚Д゚)ゴルァ!! 」

僕:『20年前にどえらい契約した日でもないし、誰かの誕生日でもないはずやし』
と、もじもじしていたら、

奥:「これ渡しとくさかいしっかりしときーや!(゚Д゚)ゴルァ!!」

と、渡された僕名義のクレジットカード。
(もちろん、その他のカードも普段から奥さんの管理下に置かれている。僕が持っているのはポイントカード位かな。ましてやHESOKURIなんて問題外・・・)

僕:「なぜこのカードを僕が持ち歩いていいんでしょうか?」

奥:「米! 米!」

僕:「はぁ~? 米?」

奥:「今日の9時にエントリー開始やろ!忘れたんか!(゚Д゚)ゴルァ!!」

僕:『そやった!あざいお市マラソンのエントリー日やった!この大会はお米がもらえるのでうちの奥さんは僕より必死やもんな。』
  「忘れてました。申し訳ありません。でもちゃんとエントリーしますので晩御飯抜きはやめて~」

ということで9:00開始と同時に無事にエントリー\(^o^)/

晩御飯も先程ちゃんと頂けたし、秋‐冬シーズン恒例の初戦にエントリーできて一安心(^_^)


まだエントリー可能みたいなのでぜひ!




さて、飛騨高山に話を戻し、昨日書けなかった丹生川支所でのあれやこれやを。


第3関門の丹生川支所はこの大会で唯一荷物預けが出来るエイド。

スタート前、丹生川行きのトラックに預けた荷物の中身といえば、
・シューズ(アシックスLYTERACER RS-2 Wide 27.0cm)
・ソックス(穴が開きかけのCROSSPRO)
・コールドスプレー
・YURENIKUI&ボトル
・ジェル各種
・保冷バッグに入れたレッドブル、OS1、おにぎり、バナナ

この荷物を受け取り、ホールに座り込む。

予定より20分近く到着したと思ってるので、余裕の休憩。

残すはあとフル1本(約43km)!

たっぷり休んで走る気力を満たす事ができれば出発、
気力が満たされず走るのが嫌ならばリタイア、
と考えていた。

だって39.2km地点のスキー場で服用したロキソニンが効かず脚が痛いまま。
こんな身体の状態なのに気力までもが失われてしまえばリタイアするしかないもんな・・・

まずは補給。
保冷バッグの中身(レッドブル、OS1、おにぎり、バナナ)を全て飲み食い。冷たくて美味しかった~

次は身体のケア。
コールドスプレーを空になるまで吹き付ける。

リフレッシュも兼ねて、
シューズとソックスを履きかえる。
(右足の小指が圧迫され痛かったのもある)

以上の作業をこなしているうちに、
よし!いける!
と気合いが入り、ゴールを目指すことにした。

(YURENIKUIは使用せず、FlipBeltにジェル&塩熱サプリを補給)

この間、結構時間を使う。
多分、20分はしっかり使い今までの貯金を全て使い果たしてしまった(>_<)

僕の後に到着されたひこさん、とっくに出発された模様。

ホールを出て再出発!
そこには香り漂う焼きそばが!
ただ僕がとったお皿にはごっついキャベツの芯が入っていてちょっとげんなり・・・
捨てるのは失礼なのでしっかりと頂いたが、なんかウサギになった気分(^-^;

でも紅ショウガが美味しかった~
僕、しょうが・みょうが・しそ・わさび等が大好き。

ウサギの気分も吹っ飛び上機嫌(´▽`*)
おまけに、「○○○○○さん、いってらっしゃ~い」とアナウンスもあり、浮き浮きした気分で丹生川支所を後にする。


ただ、待ち受けるは千光寺。

70kmの部のランナーは左へ。
そして100kmの部のランナーは右へ。

リフレッシュした気分もどこへやら・・・

前日に下見もさせてもらったし、2回目の千光寺なので気持ちに少しは余裕がある。

さあ、僕の脚がもつのかどうか!?


では次回へ。





にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://runner1967.blog.fc2.com/tb.php/135-182fc20f