レポ書こうにも記憶が薄れてきており困ってます
+いつもの如く、お酒を飲みながらの更新。
支離滅裂な文章、ご容赦ください。

ちなみに【武庫川スポーツクラブ】さんのHPで今回の結果が掲載されました。
完走率が全体で【39.8%】とは…。ちょっと低過ぎではないでしょうか?

僕といえば完走したものの、男子40才台の部(完走者)で、ブービー賞でもなく、ブービーメーカーでもなく、中途半端な結果。
話題を振りまけず、ブロガー失格でしょうか?




では、続き。
50kmを走り終え、『あと2周』と思うより、『まだ2周』と思ってしまう。
そろそろメンタルが逝ってしまいそうになってきました。

一旦、雲がモクモクと出てきて走りやすい環境になったものの、すぐさま晴れに戻り、がっくり…。

周回のうち北方向への5kmは向い風で体力消耗するし、南方向への5kmは日差しもきついし、風が舞って砂塵を喰らうこともある。
何が起こっても、マイナス方向にしか考えられなくなってきてます。

まともに1kmを走る事もできなくなり、立ち止まっては走り、また歩くという感じ。

60km関門が7時間15分。ってそんな事はとっくに頭から飛んでます。
最初から、『あかんもんはあかん。関門に引っかかったら引っかかったや。細かいことは考えずに走るだけや。』
という考えで走ってる、根っからの適当もんです

しかし、今回の反省を踏まえ、飛騨高山では、制限時刻表とか目標ラップ表などを作成し、タイム管理をちゃんとせなあかんと思ってます。じゃないと100kmなんて走れるわけない。

それと前回も記述した通り、補給に問題あり。

公設エイドでは、ポカリ味の水・ほんまの水&梅干し・胡瓜+昆布を常に頂きました。
(おにぎりに遭遇したのは1回だけ。あの時もうちょっと食べておけば良かったのかな?と。)
10kmで4回。2.5km毎に補給したんですが、50km以降、脚が動かず…

トレーニング不足もありますが、完全なガス欠だったのかな?と思います。

当日の消費カロリーはなんと5779㎉(EPSON SF-710sに依る)

IMG_0465.jpg
  ↑ のうち5個を摂取しただけで、その総カロリーは1000㎉もない。

サプリに頼らず、もうちょっとちゃんと食べないといけませんね。


さて、いよいよ6週目に突入~

ラップといえば、
51km~60km
8:11 7:25 8:39 9:59 8:05
7:20 8:15 8:07 7:45 7:52  1:21:38 8:09ペース

このの区間で、100マイラーゆるりんさんと2km弱ほど併走
歩きが入り、ペースが急降下の時でしたが、
「一番しんどい時ですよね~、頑張りましょう!」と言って、引っ張ってもらいました

この河川敷コースの風向きやら、なんやらを話してもらい、幸福な時間を過ごせたのに、僕が何とか話せたのは、「赤いタスキをもらえたら元気が出て頑張れるんでしょうね~」という位。
(その後、ラスト1周で赤いタスキ受け取りましたが、やる気が倍増する訳もなく、ペースが上がる事もなく…)

公設エイドの手前でエールをもらいここでお別れ。

元気をもらえました。ラップをみても分かるように、7分後半から8分ちょっとに復活してます!
ゆるりんさん、ありがとうございました。

58km地点位で前を歩くひよパパさんを発見!
歩いてるから追いつけるな~と思って走るも全く距離が縮まらない。
ひよパパさんの歩くスピードが速いのか?、僕の走るスピードが遅いのか?
と思っていたら、ひよパパさんが突然走り出し、コースの反対側へ。
何?と思って走って行かれる方向をみれば、ひよパパさんファミリーの応援が

奥さん・娘さん・おじいさん・おばあさんの熱い応援。
二言三言交わされてコースへ復帰。
応援のおかげでしょうか、先ほどとは違いシャキッとした感じで走っていかれ、後ろ姿が小さくなってしまいました。

そんな後ろ姿を見ながら、『やっぱり家族の応援って偉大やな~、羨ましいな~』と一抹の寂しさを感じる。

が、しかし、なんと、
ひよパパさんファミリーの前を通過する時、
「がんばって~」と娘さんから。
「頑張ってくださ~い」と奥さん&おじいさん&おばあさんからもエールを頂きました!
ぐわぁTを着ていたおかげです。
ここでも元気頂きました。ありがとうございます!

ひよパパさんを追いかけるも全く見えず、60km通過タイムが7:06:10。
関門制限時間の8分50秒前だったようです。

そんな制限時間よりも、あの時は一歩一歩前へ進むことだけしか考えられませんでした。
というか、もっと余裕をもった思考回路を持たないといけませんね。

ラスト1周となり、栄光の赤タスキをもらう。

南の折り返し点を過ぎ、再び戻ってくるであろうゴール地点を横目に見ながら、ラスト6.8km。
係員のおじさんから「1時間前やで!」と伝えられる。
『1時間もあるのか、大丈夫やろ』と思いましたね。
でも実は…
次回、感動のゴール?


ほんとは、27日を切った【飛騨高山ウルトラマラソン100km】への準備や目標の記事も載せたいのですが、なかなか



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://runner1967.blog.fc2.com/tb.php/10-6476201a