4月30日、読売テレビ【かんさい情報ネットten】を観ていたら、
今までにないお餅が誕生!とのこと。
ありきたりのスイーツ紹介かと思いきや、『アスリート云々・・』と清水さんが言ってる。
何々と思って観ていると、堺の和菓子屋【河月堂】さんが関西大学とコラボして作られたという『アスリートの為のお餅』の紹介でした。

以下、河月堂さんHPより引用

関西大学×河月堂で共同開発しました。
「不凍タンパク質」を使うことによって、保存性が良く、さらに解凍しても柔らかいまま食べることのできるお餅が完成しました。コンパクトでとっても手軽に栄養補給ができる″和neチャージS″を是非お試しください。
・運動前のエネルギー補給に。
    ―ちょっと省略―
・冷凍保存ができる。
・自然解凍後もつきたてのようにやわらかい。これほんま
・解凍時間も短く、手軽に栄養チャージができ腹持ちも良い。


要は、大会当日の朝とか、ロング走の前とか、いつでも解凍すればつきたて同然のおいしいお餅が食べられるんです(^o^)/

大会とかロング走の前はカステラを食べてましたが、いかんせん食べ難い…
しかし、このお餅はしっとり柔らかなので食べやすそう!
冷凍状態から常温で解凍して1時間弱で美味しく頂ける状態になるみたいやし。

なので即刻、FAXで注文。
駄菓子菓子、何の返答も無し(^^;
半月間放置。
FAX届いてないのかな?と思っていたら、
5月中旬に手紙が届きました。

丁寧に、しかも手書き!で通販のご案内を頂きました。

対面販売中心に商いをされてきた為、通販の手続きをされるのに少し時間がかかった様。

早速注文しようと思ったのですが、偶然にも5/28(水)に仕事で堺市へ行くことがあり、直接買いに行くことに。

意気揚々と諏訪森のお店へ。
ところが、シャッター閉まってる(T_T)
水曜日が定休日ってなってる…

ここまで来てタダでは帰れん!
お店の前から電話すると、「開けますよ~」と気さくに言ってくださり、ほんとにシャッターが上げてくださりました(^^)/

お店に入り、「以前、FAXで注文させてもらったんですが、近くまで来たので買いに来ました~」と告げると、
「あ~、滋賀の●●さんですか~?」と言われビックリ!
(もしかして僕が注文したので通販システムを構築されたのか?と思ってしまうやん。)

それはそうと、肝心の【冷凍お餅】のきな粉味を5個&ハチミツ味を5個を購入。
おまけも頂きまして、ありがとうございました。

しっかりと冷凍保存状態に梱包頂きました。
クーラーBOXも持っていきましたが、必要なかったかも…って位です。
(通販でもしっかりとクール宅急便にて配送されるのでご安心を)

帰りに、1個だけ取り出して車内の日影で解凍。
1時間後に頂きましたが、美味しかった~。
ほんまにつきたての柔らかさです。
大きさも、ちょうど食べやすいサイズやし、カステラみたいにパサパサ感がないので一気に3つ4つ頂けそうな感じ。

走る前の補給食にぴったりかと思います。
是非、お試しあれ!

河月堂さんHPはコチラ



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
興味の無い方には全くどうでもいい話でしょうが、
チャンピオンズリーグ決勝、レアルvsアトレティコ
ヨーロッパクラブ№1を決める試合なのに同じスペイン、さらに同じマドリッド市のチーム同士の対戦。
所謂ダービー戦。
あのままアトレティコがいくと思った後半ロスタイム…
以降はサッカーカテで誰かが詳しく書いてくれてるでしょうからそちらへ。サッカーカテはコチラ



今日の本題。
飛騨高山へのトレーニングで坂道走ったら故障、重症かも、の件

2週間後に行われる飛騨高山ウルトラマラソン。
本日、その対策として坂道に慣れようと本番前最後の坂道トレーニングを先週に引き続き決行。
今回は本番と同様のウェア&シューズで走ってみて不具合がないかもチェック。
先週は平坦な道を6kmほど走ってから登り坂5km→下り坂5kmというコースだったが、

今回は全部坂道コースで20km。
以下に高低図

525.png

上り坂全てを足した累積標高差は、607m
以下に詳細(EPSON調べ)

20140525.png

飛騨高山ウルトラの累積標高差は2707m

単純計算ですが、今日の方が厳しい坂。
それを経験できて良かったんですが、スタート直後から左足の裏の第二趾の付け根あたりにやや痛みが・・・。

実は先週の日曜日に走った後、ちょっと違和感あったんです。
押さえたらちょっと痛いな~と。
多分、魚の目の初期だろうと思っていたので放置。


しかし今日は10kmの折り返し地点位から、足を着く度に結構な痛みがあるんです。
何とかかんとかスタート地点に戻り、靴下を脱いで足の裏見てみれば、やや腫れているし、手で押さえたら激痛
13chuusoku041.gif

調べてみれば【中足骨骨頭痛】というものらしい。
(関係ないけど、走り始めてから今まで知らなかった色んな病名や疾患を見るようになりましたね(^^;)

この症状の原因はどうやら横アーチが下がることにより、普段は接地しない第二・三趾の付け辺りに負担がかかり痛むってことらしい。
即効性のある治療方法はない様(T_T)

とりあえず、このインソールを注文しこれ以上悪化しないようにする。
(サイズがレディース用しか無い… もちろんLサイズを注文、それでも24~25。僕の足27なんですが大丈夫やろか?)

現在の状態といえば、
裸足ではまともに歩けません(-_-;)
室内はルームシューズ(底厚の)を履けばなんとか移動できる程度。
屋外は何を履いてもゆっくり歩ける位。それも足の指を立てて、痛む箇所をかばいながらです。(涙


大会まであと2週間…。
今週は調整でジョグ程度と思ってましたがそれもできないでしょう。
この状態で100kmぶっつけで走るんか?

ちょっとマジでやばいのか?

不安で寝れないかも…
(いやいや今日は寝れるわ。CL決勝観るために3時過ぎに起きたし、もう眠いzzz)




にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
本日走られた皆様、お疲れ様でした~(^^)/
2014.05.24 CL
今宵というか明朝に(正確には日本時間5月25日 3:45)にCL決勝が 

今年はなんとマドリーダービー

僕の予想はレアルが王者に!

レアルの監督はアンチェロッティですもん(^o^)/

対するアトレティコの監督はシメオネ。
選手としては尊敬する人物です。
なぜなら僕のサッカー選手時代のスタイルと同じで泥臭くてしつこいタイプ(^^;
しかし、この大舞台ではちょっと…

ではキックオフまで6時間なので寝ます










サブ3.5をもってしても5622人中、720番台。
        (2013年度・男子47歳の部)

悔しいながらも、100人の村なら13番目です。上出来やね
(2012年度は22番目なので9つも


ブログ村と同様、順位は気にせずマイペースでいきましょう。
じゃないと、どこかで無理が出てリタイアしてしまいそうなので(^^;


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

6/8に走る飛騨高山。
3週間前になってやっと何とかせねばと思い、ちょっと仮想試走を。
(ほんとはリアル試走したかったんですが、高山まで片道3時間半。ちょっと無理・・・)

大会の特長にも載ってるのが、【コース高低差約800m、上り坂全てを足した累積標高差2707mは日本最大級。】
要は、坂ばっかりやで~って事。
そんなコース高低図がこちら↓
hida.png
スタートから10km過ぎまで高低差が約350mの登り坂
及び、20km手前から30kmまで高低差が約600mの登り坂。



普段は平坦なコースばかり走ってるので、その坂はどんなもんか実感せなあかんと思ってました。
本番のペース設定の参考にもなればと、近場でよく似た登り坂のあるコースを発見し、試走。
その高低図がこちら↓

平坦なコースを走り、5.3km地点(標高138M)から登りに入ります
down.png

そして11km地点(標高469M)まで、5.7km走って標高差は331m。
ほぼ大会に近い坂道を実感できたかなと思ってます。
up.png



こんな感じの坂道↓
IMG_0497.jpg

IMG_0496.jpg

saka.png




感想。
登りも下りもしんどかった

こんな坂を30kmも登って、10kmで一気に600Mも下るんかいな(ToT)
これは思ってた以上にきついぞ。

ちなみに10km地点から11km地点までの登り坂の1kmを歩いてみたら、タイムは9:10。
結構時間がかかるな~。
しかしこれが現実。
これを参考にペース表を考えなあかん。

そうやって登りは【戦略的歩き】という事で言い訳できるけど、下りは走らざるを得ない。

しかし走る時の脚(大腿四頭筋)の負担が半端ないのでチューイチューイだ。

後半への影響を考えると、下りの走りで如何に脚のダメージを抑えるか!という課題が残りました。

とはいえ、本番まで3週間。
ジタバタしても仕方ないんですが、やれるべき事はやっておかないとね。



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


2014.05.18 YURENIKUI 購入~
先月に高い買い物をしましたので、奥さんに頼む時はドキドキしたけど、
言い出す前に、「次は何が欲しいねんや!高いのはあかんで!」と、先手を打たれました。

金額(ただいま39セール)を伝えると、「ならOK」、という事で買わせていただきました。
それがコレ↓


100kmに慣れた方なら、なるべく身軽にと考え走られるんでしょうが、
ウルトラ100km初心者としましては不安で一杯。
あれもこれもと考えてしまいます。
Mさんまでの装備とはいかずとも、せめて飲料&補給ジェル&iPhone位は携帯しつつ走りたい。

し~やんさん、MJさん(ここはリンク貼ってません、スミマセン)からアドバイス頂いた様に、エイドを目標にして走るっていうのもいいんでしょうが、
やはりそれでは不安…

とはいえ
IMG_0494.jpgと、IMG_0495.jpg
をダブル装着で100kmはきつい。

昨年の夏にこのダブル装着で30km走ったんですが、ベルトが干渉しあって落ち着かなかったんです。
少しでも不安要素を取り除くためには必要でしたので、とりあえず安心(^^)/

でもまだまだ欲しいのが一杯。(まるで子供です…)



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

前ふり無しで早速本題へ。

>ラスト6.8km。
>係員のおじさんから「1時間前やで!」と伝えられる。
>『1時間もあるのか、大丈夫やろ』と思いましたね。

という状況から以下ゴールまで。


普通、6.8kmを1時間で走るって楽勝ですやん。
なので、ここで完走を勝手に確信してしまいました。

ボケボケの頭脳計算では『キロ8で間に合う』

駄菓子菓子(←久しぶり)、実際は制限時間まで残り57分。
57分÷6.8km≒8.38(8分23秒)←こんな計算はその場でやってません。(暗算できません…)

エイドに立ち寄らなければ走れない状態なのにその時間を考慮してません。

本来なら焦って走らないといけないんでしょうが、あくまでもグダグダ。

そんな気楽な状況ながら実はやや異変を感じていました。
それは、走っている人が異常に少ない!という事。

前を走るランナー+後ろを走るランナー=数人!

もしかしてやばいのか!と思うもどうしようもない。
あくまでも前述通り、一歩一歩前へ進むことだけしかありません。

今まで大会スタッフの方々の応援は[多数の中の一人]への応援でしたが、今は[僕だけへの応援]になってます。

その証拠に、公設エイドはほぼ閉店状態。
僕がエイドに近づくと、飲料&補給食をテーブルに出して頂くという状態。
こんなに遅くなって申し訳ないという気持ちで一杯。

北の折り返し点でも、「まだ間に合うぞ~、がんばれ~」と最終ランナーに声をかける様な応援。

ラスト3.4km。

ここで「あれ?ほんまにギリギリなん?」と思うもラストエイドでの接待を受け、スタッフさんから「これ食べて行って」と色々と提供^^;
断るわけにもいかず、しっかり頂きました。
時間を結構費やしたかな・・・(この区間のタイム、9:32)

そしてラスト2km。

ここで、長居の女神様が待ってくれてました\(^o^)/
というか、僕が制限時間ギリギリだったので、居ても立っても居られない状態だったのでしょうね。
申し訳ありませんでしたm(__)m

夢の併走第2弾の始まり~

ここで、じぇーてぃーさんが60km関門で終了と知らされる。
「えーーー」っと声を上げるも、どうしようもありません。
ラスト10kmを引っ張ってもらおうと思っていたんですが、なかなか登場されないので、「?」と思ってました。
それがまさかの関門でのOUT。
ウルトラ恐るべしと思いました。

そんな情報も入れながらも、かおりんさんは時計を気にしながらジワジワと引っ張ってくれます。

そしてもう一人、制限時間ギリギリを得意とするカブさんも来てくれました
併走して頂いてるので「カブさんと同じEPSON SF710S、最高ですわ~」などと必死に話すもほぼ限界状態。
ほんとは、『カブさんのペース、ちょっと速すぎなんですけど』って言いたかったんですが…

その辺りの修正は気の利くかおりんさんがバッチリ!
上手くスピード調整をしてくれました。さすが長居の女神様です

このお二人の併走のおかげで、7:38 7:14 というタイムが出せました。
一人でダラダラ走っていたら、OUTだったでしょう。
で、栄光のゴールが見えた途端、「ラストですよ!ゴールまで上げていきましょう!」
と、鬼コーチに変身したかの様なかおりんさんのお言葉。

ここは従うしかなくラストスパート

感動のゴールと思いきや、ゴール手前2~3メートルの所で両ふくらはぎが痙攣(-_-;)
倒れそうになるも、カメラがあるのでそこは我慢。
スピードを落としなんとかGooooooooooooooL

61km~70km(GOAL)
8:38 8:20 7:59 8:34 8:55
8:00 9:32 8:11 7:38 7:14   1:23:01 8:20ペース



涙なんて出ません。そんな水分も枯れ果てていました。
EPSON SF710Sも押し忘れてました
ちゃっかり、タオル&完走証は可愛い娘の元へもらいに行きましたけど。何か?

ひよパパさん私設エイドへ戻り、お互いに健闘を称え、本日メインのアフターへ。

その前に、塩だらけの身体を綺麗にしないといけないので銭湯へGO!
しかし、思考能力が低下し、THさん・タイガーさんにちょこちょこと付いていくオッサンでした…
THさんには銭湯からアフター会場までも連れて行って頂きありがとうございました。
ほんまにヘロヘロやったんです。

しかし、ビールを飲めば疲れなんて吹っ飛びますよね~
いつもながら、アフターは最高です!
202891778_624.jpg


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村



先程、飛騨高山ウルトラマラソンの参加案内がポストに入ってました。
テンション上がりますね~

詳しく読んでないけど、「エコボトル」を購入すれば、スペシャルドリンクを関門のエイドでもらえるらしい。

あとでじっくり読んで検討しましょう!


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
レポ書こうにも記憶が薄れてきており困ってます
+いつもの如く、お酒を飲みながらの更新。
支離滅裂な文章、ご容赦ください。

ちなみに【武庫川スポーツクラブ】さんのHPで今回の結果が掲載されました。
完走率が全体で【39.8%】とは…。ちょっと低過ぎではないでしょうか?

僕といえば完走したものの、男子40才台の部(完走者)で、ブービー賞でもなく、ブービーメーカーでもなく、中途半端な結果。
話題を振りまけず、ブロガー失格でしょうか?




では、続き。
50kmを走り終え、『あと2周』と思うより、『まだ2周』と思ってしまう。
そろそろメンタルが逝ってしまいそうになってきました。

一旦、雲がモクモクと出てきて走りやすい環境になったものの、すぐさま晴れに戻り、がっくり…。

周回のうち北方向への5kmは向い風で体力消耗するし、南方向への5kmは日差しもきついし、風が舞って砂塵を喰らうこともある。
何が起こっても、マイナス方向にしか考えられなくなってきてます。

まともに1kmを走る事もできなくなり、立ち止まっては走り、また歩くという感じ。

60km関門が7時間15分。ってそんな事はとっくに頭から飛んでます。
最初から、『あかんもんはあかん。関門に引っかかったら引っかかったや。細かいことは考えずに走るだけや。』
という考えで走ってる、根っからの適当もんです

しかし、今回の反省を踏まえ、飛騨高山では、制限時刻表とか目標ラップ表などを作成し、タイム管理をちゃんとせなあかんと思ってます。じゃないと100kmなんて走れるわけない。

それと前回も記述した通り、補給に問題あり。

公設エイドでは、ポカリ味の水・ほんまの水&梅干し・胡瓜+昆布を常に頂きました。
(おにぎりに遭遇したのは1回だけ。あの時もうちょっと食べておけば良かったのかな?と。)
10kmで4回。2.5km毎に補給したんですが、50km以降、脚が動かず…

トレーニング不足もありますが、完全なガス欠だったのかな?と思います。

当日の消費カロリーはなんと5779㎉(EPSON SF-710sに依る)

IMG_0465.jpg
  ↑ のうち5個を摂取しただけで、その総カロリーは1000㎉もない。

サプリに頼らず、もうちょっとちゃんと食べないといけませんね。


さて、いよいよ6週目に突入~

ラップといえば、
51km~60km
8:11 7:25 8:39 9:59 8:05
7:20 8:15 8:07 7:45 7:52  1:21:38 8:09ペース

このの区間で、100マイラーゆるりんさんと2km弱ほど併走
歩きが入り、ペースが急降下の時でしたが、
「一番しんどい時ですよね~、頑張りましょう!」と言って、引っ張ってもらいました

この河川敷コースの風向きやら、なんやらを話してもらい、幸福な時間を過ごせたのに、僕が何とか話せたのは、「赤いタスキをもらえたら元気が出て頑張れるんでしょうね~」という位。
(その後、ラスト1周で赤いタスキ受け取りましたが、やる気が倍増する訳もなく、ペースが上がる事もなく…)

公設エイドの手前でエールをもらいここでお別れ。

元気をもらえました。ラップをみても分かるように、7分後半から8分ちょっとに復活してます!
ゆるりんさん、ありがとうございました。

58km地点位で前を歩くひよパパさんを発見!
歩いてるから追いつけるな~と思って走るも全く距離が縮まらない。
ひよパパさんの歩くスピードが速いのか?、僕の走るスピードが遅いのか?
と思っていたら、ひよパパさんが突然走り出し、コースの反対側へ。
何?と思って走って行かれる方向をみれば、ひよパパさんファミリーの応援が

奥さん・娘さん・おじいさん・おばあさんの熱い応援。
二言三言交わされてコースへ復帰。
応援のおかげでしょうか、先ほどとは違いシャキッとした感じで走っていかれ、後ろ姿が小さくなってしまいました。

そんな後ろ姿を見ながら、『やっぱり家族の応援って偉大やな~、羨ましいな~』と一抹の寂しさを感じる。

が、しかし、なんと、
ひよパパさんファミリーの前を通過する時、
「がんばって~」と娘さんから。
「頑張ってくださ~い」と奥さん&おじいさん&おばあさんからもエールを頂きました!
ぐわぁTを着ていたおかげです。
ここでも元気頂きました。ありがとうございます!

ひよパパさんを追いかけるも全く見えず、60km通過タイムが7:06:10。
関門制限時間の8分50秒前だったようです。

そんな制限時間よりも、あの時は一歩一歩前へ進むことだけしか考えられませんでした。
というか、もっと余裕をもった思考回路を持たないといけませんね。

ラスト1周となり、栄光の赤タスキをもらう。

南の折り返し点を過ぎ、再び戻ってくるであろうゴール地点を横目に見ながら、ラスト6.8km。
係員のおじさんから「1時間前やで!」と伝えられる。
『1時間もあるのか、大丈夫やろ』と思いましたね。
でも実は…
次回、感動のゴール?


ほんとは、27日を切った【飛騨高山ウルトラマラソン100km】への準備や目標の記事も載せたいのですが、なかなか



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
前記事で書いたように、42.195kmは4時間40分位で通過したと記憶しているのですが、
チャレ富士72km覇者様サブ3.5の長居の女神様、及びちゃうちゃう様がその前の私設エイドに来られたのを書き損じていました。
実はその次の周回だと思っていたんですが、ひよパパさんのブログを拝見するとこの時点で来られたと確認しました。
ぼやーっとして走ってたのがバレバレですね。

カブさんを見た瞬間、挨拶もせずに「風除けになって~」と発注したのを思い出しました。
(憧れブロガー№1?のカブさん、すぐさま楯になり数メートル走ってくれました。さすがです!)

かおりんさん(サブ3.5の長居の女神様、ってやはり長いね~)が、
「何飲む?」「何食べる?」と色々まくしたてられ勧めていただきました。
結局、「これ食べ!」と冷たいフルーツを手渡されありがたく頂く(^^)/。

ちゃうちゃうさんに至っては、ほぼ初対面にも拘らず遠慮せずに注文した補給に応えて頂きました。

暑いし、脚は棒みたいになってきたし、景色は変わらんし、走るのに飽きてきてたし、一人ぼっち参加なら棄権してたかもしれない時です。
ほんとに励みになりました。ありがとうございましたm(__)m

この時だけではなく、後々もサポート頂くことになりますが。


さてラップといえば、
41km~50km
6:50 6:56 6:51 9:24 7:05
7:38 9:10 8:29 8:18 7:25  1:18:06 7:48ペース

エイドで過ごす時間が長くなる。
かぶり水を両脚にかけ、頭からかぶる。そして、飲み物を頂き・食べ物(主に梅干しや塩昆布)を頂く。という一息つく程度の休憩なのだがこれでで1分以上も費やされる。

飛騨高山で今回の様に全てのエイドに立ち寄っていれば大きなタイムロスになる可能性がある。
体調をみながらでしょうが、エイドをどれだけ活用させてもらうかを考えさせられましたね。
やはりボトルを携帯し、給水のみのエイドはやめておこうと思います。
ということは、やはり↓を購入か!
YURENIKUI
yurenikui.jpg
今持ってるボトルポーチはボトルのみ収容タイプ。iPhoneや小銭などを入れるポーチをもう1つ付けるのは考えられないし。
また出費やな… 奥さんにどう説明するかやな…


43kmでの6:51を最後に、ゴールするまで6分台は見る事なく走ることになります。
膝・太もも・腰・肩を中心に痛みが体中に発生。
時々立ち止まり、痛い個所を揉んだり伸ばしたりして時間が費やされる。
ロキソニンを服用するのも考えたんですが、いける所までいこうと思い結局は服用せず。
(実はその後、ボーッとしてロキソニンの存在を忘れちゃいました…)

この辺りからランナーの数が徐々に減ってきた様に思います。
調子が悪く棄権される方もおられたでしょうが、
「もうここで終わりや~」とか、「よっしゃ~、去年より走ったぞー」とか、最初から完走ではなく、どこまで走れるか?という目標(課題)をもって走っておられる方も多かったと思います。

そういう方が仲間の元へ帰り「すごーい!」「よう走ったな、偉い!」とか言ってもらってるのが羨ましい。
『僕も終わろうかな~』とそんな考えが頭をよぎります。
しかし!『メンバーの皆も走ってるんや、甘えたらあかん、がんばって走るぞ』と思い直す事が度々…

という身体も気力も落ちてきた5週目でした。
6・7週目はもっと落ちます。でも女神様2人+大きな人が再登場




にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村