こんばんは


神戸マラソンが終わって2週間弱が経過。

いまだに一歩も走ってない現状。
故障箇所の左太ももの違和感が払拭しきれず、多分走れば痛めるのは確実。

もうちょっと我慢。






ゴール後。

タオルを羽織らせてもらって、
完走メダルをかけてもらって、
チップを外してもらって、
ペットボトルの水をもらって、
バナナをもらう。

スムーズな流れ、でも結構長い距離を歩くので辛い。

荷物受け取りも待っていたかのように瞬時に渡される。
このゴール時間(4:27:25)なのにBブロックの荷物はまだまだ残っていた。

Aブロックの荷物もちょっとだけ残っていたので。
ゴールしても荷物を取りに来てないだけなのかな?

それにしても荷物の残りは多い気がした。

ちゃっちゃっと着替えて朝スープを頂き休憩。

ポートライナーにちょっと並んで乗車し三ノ宮へ。

三ノ宮駅に一番近いであろう、大会協賛?の銭湯(ランナー無料)に行くも30人位の待ち行列。

諦める。

でもすぐ近くの有料(ランナーなら値引きあり)のスパへ。(えむさん、情報ありがとう!)
ほっこりできた~(^◇^)

その後、0.5次会に合流し、ストラトさんが幹事を務めて頂いたアフター本番で、『かんぱ~い!』

3時間たっぷり楽しませてもらいました。

ありがとう\(^o^)/

電車に乗って帰宅。(寝過ごすことなく無事に(^^ゞ)

以上、ゴール後のあれこれ。




レースを振り返れば、
初目標に掲げた、【160bpmを超えない走り】

トータル、157bpm (MIN 87 bpm MAX 188 bpm)
平均値ではクリアしたものの、MAX 188 bpmはどこで?と思って調べてみると、
28km地点だった。
上り坂もないし、なんでかな~?

ひとつ思い当たる節が、
それは、【メイタン】

26km過ぎに摂取した。

そのせいで心拍が上がったとしか考えられん。

心拍おもしろい!
ラップはあまり見ず、心拍見ながら走ったもんな。



反省として、
筋トレやストレッチをさぼった。

故障しない身体作りを怠った。

脚の故障。

故障を完治させられず全くトレーニングができなかった。

という負の連鎖。

「マラソンには偶然はない」という通り、
「トレーニングは嘘をつかない」という事を突き付けられた。

それを踏まえ、京都でPBが獲れるようがんばってみようと思う。
それが獲れたなら、多分それが生涯ベストになると思う。(カッコいいからといって真似してる訳ではない。)

来年度は大会に出る機会が減ってしまう予感。というか多分そうなる。
普段のトレーニングも今まで通りの時間もとれない。

来年の1年間はまともに走れないかも、なのだ。(>_<)

それ以降も不明・・・。


なので京都頑張りたい。
でも、まずは故障個所を治す事に専念!






にほんブログ村
スポンサーサイト
こんばんは


僕のトレーニングの指標は【MY ASICS】を参考にしている。
篠山2014でサブ3.5(ネット)を獲れたのもそのおかげ(^^♪
(めっちゃ苦しいトレーニングだったな~)

その【MY ASICS】、先日の神戸マラソンに向け設定するも何故か中途半端な英語表記。
IMG_1443.png



10/15、ASICSへ問い合わせ。
10/29、下記の様に返信を頂く。

【マイアシックスのご利用、ありがとうございます。

ご迷惑をお掛けしており申し訳ございません。
こちら、他にも同様の状態になっている方々がいらっしゃり、
現在、調査および修復を試みておりますので、
しばらくお待ち下さい。】

僕以外でも同じ現象が起こっているのかと不謹慎ながら安心。

ただそれ以降何の連絡もない。


2/21の京都まで3ヵ月を切った先日、業を煮やして別アカウントで登録してみた。
(3ヵ月を切ると登録できないみたいなので)

その結果、こんな画面が。
IMG_1575.png

修復された結果なのかどうかは分からんけど、
無事に日本語で通達\(^o^)/

でも明日の指令、【5kmジョギング】は走らないけどね。
(あと1週間は休足の予定だ)






さて神戸。
35km地点くらいから。


ポートアイランドにつながる高架道路、浜手バイパスが大きな口を開けて待ち構えていた。
急な上り坂だ!

でも、
飛騨高山で例えるなら、あの坂くらい。
丹後で例えるなら、あの坂くらい。
なので、淡々と走り切る(・_・)

途中で写真を撮ってみたりして。
IMG_1542.jpg

IMG_1543.jpg

IMG_1544.jpg

IMG_1545.jpg


アラッて感じで上りきる。

坂に慣れたのか?
いやそうではなかった!

一般の方々は進入禁止になっているらしく、応援はボランティアの方のみ。
そのボランティアの方々の応援に後押しされた。
ありがとう!
(ここだけの話、可愛い子ばっかりでウキウキ気分で走ったことは内緒(^^ゞ)

でも、高架の最高高度からポートアイランドへつながる下り坂で脚が痛めつけられる。

あと4kmちょっとは【市中引き回し】。

ゴールが見えるのにぐるりと遠回りさせられる。
応援もガクっと減り、着ぐるみながらも気持ちが折れる。

でもあの方々がいてくれた。

【写真なし】
応援隊の皆さまありがとうございました


気持ちははちきれんばかりに嬉しかったが、既に限界。
手を振る余裕もなく走り去る。

応援隊のお一人から、「最後の応援場所では早く終わりたい感満載でしたね(笑)」とご指摘を受けた。

まさしくその通り!

この時点でも、何が何でも完走や!という気にはなれず、応援があるから走り続けてきたって感じ。

応援隊を後にし、偽ピンクレディーの「ピンク・タイフーン」(IN THE NAVY)を聴き、そのサビが頭から離れないままいよいよゴールへ。

ここで聞こえるはずの、「フォー!フォー!」の声がない。
有森さんに会いたくてここまで走ってきたのにと落胆。

ラストスパートされるランナーに「危ないよ、ケガするで。」と余計な声をかけトボトボ走る。

でもやっぱりゴールゲートをくぐる瞬間は感動(*^^)v

30kmで終わるつもりやったのに、よくもまあ完走したもんやな~と。


これをもらったから走り続けたのかも。
IMG_1513.jpg

みんなのためになったかどうか分からんけど、がんばってみたよ~ 〇〇〇ちゃん!






あと一回だけ神戸を。



にほんブログ村
こんばんは


福知山走られた方々お疲れ様でした。
(全然知らない井出さん2もお疲れさん!)


飛騨高山のエントリーが11/20より開始されてる。
もちろん速攻エントリー。

12/18までにエントリーすると特製さるぼぼがもらえるよ~






では神戸。
25km地点から。

スタートしてからここまでの補給(持参した分)。

・塩熱サプリ6粒
・メダリストエナジージェル
・アミノバイタルゴールド顆粒
・ヴェスパハイパー

残すは、ここでジョミとメイタンゴールド。

9月の丹後でも効き目があって覚醒した代物。
それがメイタンゴールド。

あの感覚が忘れられずここで投入。

効いてる~(気がする)

ペースは上がらないけど、気持ちが上がって応援にハイテンションで応える。

そして迎えた30km地点。
お疲れ様でした。
脚も無事やったし、ここでお終い。のはずだった。

ところが、30km地点の数メートル先は給水ポイント。

給水ボランティアの中学生か高校生の子から、
「え~止めたらあきませんよ~」
「まだまだ元気そうやし大丈夫!」
「走れティガー!」

とやいやい言われやめる訳にはいかなくなった。

そう言えば、34km地点くらいにカブさんが応援してくれてるな。
そこまで行こうと走る事に決定。

ところが、脚は何とか無事だが、身体はヘロヘロ。

水分は多めに摂っていたが、30kmでやめるつもりだったので食べ物はあまり摂っていなかった。
なんか食べないとあかんな~と思っていたら、
こんな案内人が、
IMG_1536.jpg

そう、ちくわ(^^♪
IMG_1537.jpg

タップリいただきました。

被りもんついでに記念写真をという事で、パシャリ
IMG_1538.jpg


さて、カブさんのとこまで走ろか。
umieって所らしい。
ならば神戸駅のまん前や。
このカッコではちょっと恥ずかしいけどゴール地点まで電車に乗っていこ。

と気軽にラン。

ところがところが、駅が近いこともあって沿道は鈴なり。
こんなとこで、「やーめた」って言えへんわ。

カブさん見つけられるかな?と思ってたけど、カーブのインコーナーに陣取っておられすぐさま発見!

声をかけ合い元気百倍!
と思ったのもつかのま。

浜手バイパスが口を開けて待っていた。






にほんブログ村





こんばんは


前回の記事は中途半端な終わり方。
寝落ちしちゃいまして、夜中に起きて強引にアップロード。

11km地点までにもあれやこれやとあったけど省略。



では応援隊を後にし折り返し地点の明石海峡大橋へ向け走るとこから。
須磨浦公園を過ぎ、左手の海から恒例の漁船の応援!
IMG_1533.jpg
分かりづらいけど、大漁旗がゆらめいてる。

その後、海沿いのコースを少し離れ、塩谷駅・東垂水駅沿いの2号線。
沿道の応援が増えて楽しく走れる。
相変わらずチビッコの応援がかわいらしい。
スピードを緩めてソフトにハイタッチ。

反対車線からも、「あっ、ティガーや。ガンバレ~」と応援の声。
「もうちょっと待っててな~、折り返して必ずそこへ行くし!」
と大声で叫んだり、

同じく反対車線の給水ボランティアの男子中学生?から
「プルートがんばれ~」と言われ無視(^^;
ただ折り返してからそのエイドに立ち寄り、「プルートちゃうぞ、ティガーや!」と教える。
するとそのエイドがワッと活気づく。

給水エイドの方々は、『待ち』の態勢。
ランナーに対して構えてる感じなのかな?
着ぐるみだからこそかもしれないが、コチラから話しかけるとキャイキャイと騒いでくれる。

そんな出来事がいっぱいあってほんまに面白かった。



折り返し地点の舞子公園。
応援の方々がギッシリ。

お目当てのランナーの応援なのか、ただ不特定にランナーを応援してるか分からんけど、
とりあえず手を振って走る。

皆さんもお分かりかと思うけど、沿道の応援の声って、小さな囁きでも耳に入りません?

仮装してるからかもしれませんが、昨年の大阪でも聞いた言葉、今回の神戸でも聞こえた。

それは、「あれなんやったっけ?」

その言葉を聞く度に、いちいち「ティガーや、ティガー!」と答える。

「あっ、そやそや、ティガーやわ」との反応をみてから、

「覚えときや~」と言ってその場を去る。

その繰り返しがめんどくさいけどめっちゃ楽しい(^^♪

そんな応援の声。
どんなのがあったかここで発表!

・プーさんガンバレ~ (プーさんちゃう
・タイガーガンバレ~ (タイガーちゃう
・虎ガンバレ~ (虎ちゃう

・暑そう~ (暑いで~
・あつないか? (暑いに決まったるわ~
・信じられんわ~ (自分でもな~
・アホちゃうか~ (アホかもしれんな
・しっぽで走れ! (走れるかー


色んな応援があって最高!
そしてその声援に応えてテンションアップ!
そんな受け答えを見て周りのランナーもみんな笑顔(^o^)

ただ折り返し地点を過ぎ、太陽がサンサンと降り注ぎ暑い!
この日の風向きは北西。
折り返すまではいい感じの向かい風。
着ぐるみの中を通り抜けてくれて涼しかった。

折り返してからは、追い風。
走る分には最適なのだが、着ぐるみの中に空気がこもって暑さ倍増。

ちょっとボーッと意識がしてきたので、上半身だけ脱いで1kmほど走る。

爽 快

めっちゃ涼しい(^-^)

みんなこんな感じで走ってるんや~

羨ましい。


ただ、沿道の応援が急変。

ただのおっさんが走ってるだけ。

せめてもの応援が、
「やっぱり暑いんや・・・」

これではあかんとすぐさま頭から被って走る。

でも暑い。

けど応援の声が倍増!

やっぱりこれやな。
ただ折り返しを過ぎて20km地点以降、一気にペースダウン

やっぱりフル走る体じゃない。
予定通り30kmで終わろう。
とりあえず、走ってみるか。

そう思った25km地点。

あと5km走ったら終わりやな(^^♪

ならばここでメイタンゴールドを摂取してみよう。
丹後で効果があったけど、フルマラソンでどんなけ変わるのか楽しみやん。


やっぱりすごかった!


そんな25km以降は次回!











にほんブログ村





こんばんは


先日から頂いてる僕には勿体ないほどコメント、なんとか返信が終えホッとしてます。
相変わらず、伝えたい感謝の気持ちの半分も書けないのが情けなくて悔しいー。

返コメしてる最中に気付いたこと。
完走報告はしたものの、タイム報告をしてない。
とりあえずコレをアップしておこう。

IMG_1556.png

タイムは歴代のワースト2位(^^;

でも無事に完走出来たので大満足。
ほんとは30kmでやめる計画やったしね。

目標は完走!と掲げたものの自分でも疑わしかったし、
整体の先生からは、「走らない方がいいです。走ったとしても半分をジョグ程度で抑えて走ってください」と指導されていた。
テーピングもあくまで20kmを走れる様にとのことだった。

タイムを振り返っても、20kmまではサブフォーペースで頑張ってる。
その後は暑さもあってペースダウン。
30kmで棄権しようと思ってたのでそれでよかった。

が、そうはいかなかった。

脚の痛みが激烈にならなかったのもあるが、
主な理由は仮装のせいである。

ミッキーほどの人気は無いものの、あくまでティガーはディズニーのキャラクター。
子供たちの応援がハンパない!

特に小学校以下のちっちゃい子がお母さんに励まされ恥ずかしがりながら、
「ティガー!がんばれー」
と声をかけてくれると立ち止まる事はできない。
(必ず立ち止まってタッチはしたけどね)

あの子たちは、TDLでパレードを観てる気分なのかもしれない。
そんなパレードからキャラクターが、「あーしんどい。脚も痛いしもうやめとくわ」、と言って退くのはあり得ない事。
そんな姿をみせたら子供の夢を奪うことになる。

なので走り続けた。
走り続けなければならなかった。

違うキャラならやめられたかもしれないな~
悪役ならやめてもガックリさせないだろうな。


しかし、とりあえず暑かった(-_-;)

4km地点でのカブさんの応援にも気付かずスルーしかける始末。
この時点で着ぐるみの下は汗でグチグチャ。

モチベーション維持の為、11km地点にいてくれてるはずの応援隊目指して走る。

11km地点よりちょっと先やったけど発見!
IMG_1530.jpg

嬉しすぎて撮影がはや過ぎ(>_<)

でもしっかりとハイタッチ!

元気をいただきました\(^o^)/

応援はありがたい。

では次回!







にほんブログ村