こんばんは

明後日は東京マラソン。

それまでに京都マラソンレポを終えないと嵐に巻き込まれてしまう。




京都。

総括を書こうと思ってたけど、2/22にもう書き終えてたわ(^^;

なのでアフターの事を書こうと思ったけどあの楽しさを伝えるだけの能力がないので止めておきます。

となると書くことがないのだけれど、書き忘れた事と走り終えてからアフターまでのちょっとしたことを書いておく。

まずは補給の件。

用意したほとんどを落としてしまったのだが、かろうじて残ったメイタン&ハニースティンガー(ジンセン)。

28kmでメイタン、35kmでハニーを摂取。

2週間ぶりのカフェインを摂ったこともあり意識はより一層研ぎ澄まされた。

ただ脹脛の痙攣には威力を発揮してくれなかったのが残念。

マグオンと芍薬甘草湯を落とさなければ・・・

補給は大事と改めて思う。

ただそれまでのトレーニングあっての補給。

故障せず年間を通じて走るのが一番大事です。


さてゴール後。

着替えて外に出る。

ちょうどbgさんじぇーてぃーさんと出会えた。

でもお二人とも帰路へ着くとの事で握手してお別れ(T_T)/~~~

カステランさんは荷物を受け取ったところでお先にどうぞって事。

人の流れのままシャトルバスに乗り込む。

着いた先は【烏丸御池】。

お風呂に入りたかったのでお風呂MAPを頼りに一番近い銭湯へ。

ところが、

IMG_1722.jpg

京都マラソン実行委員会事務局もここまでは把握しきれないよな~

あの方なら、『お前ん所でもらったMAPを頼りに行ったのに休みってどういう事や!責任者出てこーい( `ー´)ノ』って言うやろな。

僕はそんな文句を言うわけでもなく、淡々と次なる目標(銭湯)を探して歩き続ける。

とはいえ、ダメージが少ないけどフルを走った後の脚、次なる銭湯までは結構遠くて参った。

そんな銭湯がコチラ↓

IMG_1724.jpg

ランナーと思われる方が3人ほどでゆったり入れ幸せ(^_^)

僕が出た後でタクシーに乗ってこられたランナーさんもいて、その方と「お風呂探しも大変ですね」と苦笑いで挨拶。

少し北風の吹く路を歩き、地下鉄→阪急と乗り継ぎアフターへ!

美味しくお肉&お酒を頂けたし、皆さんと楽しい時間を過ごせて幸せ。

幹事かおりんさんありがとうございました

電車を乗り過ごす事無く帰宅。

2016京都マラソン終了!




終わり





にほんブログ村



スポンサーサイト
こんばんは

昨日痛みを感じた右ひざ裏。

ちょっとマシになってきた。とはいえジョグするほどの余裕はないので今日もランオフ。

となると体重が気になる。

怖いけど明朝測ってみるか。




京都。

丸太町通でカブさん・ひよパパさん・エムさんの応援を受けたあとから。

31km~35km
4:57
4:57
6:00
6:10
5:07


ピッチ走法に変えたおかげか攣る回数が減ってきた。

その成果が、河原町通を南下し市役所を折り返し、再び河原町通を北上する35km~36kmの区間。

攣る事なく1kmを走れ、ペースも4:58/km。

36km~40km
4:58
6:05
6:10
5:21
5:34


川端通を北上中も、東一条通を東へ走る時も攣ってしまう。

この川端通~東一条通は応援の方が少なく寂しかった。

ボランティアの方がおられたので助かったのは確か。

年配の女性が多かったと記憶しているし、心底応援してくれてたと思う。

しかし、今出川通へ入りその上り坂が脹脛を痛めつける。

折り返して下り坂。

下りも脹脛に負担がかかって何度も立ち止まる。

どのレースでもそうだが、終盤は同じランナーと抜きつ抜かれつの繰り返し。

この人には負けたくないと思うこともあるし、こんな人がなんでこんなに遅いの?とも思いながら走る。

とはいえここまで来たら他人のことなど気にしてられない。

東大路通を南下し目指すは平安神宮。

その途中でまたもやカブさん・ひよパパさん・エムさんの応援!

いやいやもう一人いるぞ。

やべっちさんや!

と思った瞬間またもや脹脛が攣る(+_+)

応援隊を見つけると止まってしまうのはウルトラの癖なんでしょうかね?

そういえばガチで走るフルは2014年の篠山以来2年振り。

2014大坂&2015神戸は故障もあって仮装ラン。

記録を狙うにはあまりにも実戦から遠ざかり過ぎていたな。

ウルトラを完走したので安心しすぎたかもしれん。

スピード練習が足りなかったな。

などとと反省しつつ門川市長の待つゴールに笑顔で飛び込む。

ちょうどその時、KBS京都でゴール中継していたらしく僕が映ったらしい。

稀にみるすがすがしい顔やったと、うちの奥さんから聞かされた。

41km~GOAL
5:33
5:47
2:41


僕自身に課題は残る大会やったけど京都マラソンは素晴らしい大会やと思う。

もちろん改善して欲しい点は色々あるが、大阪や神戸にない魅力を感じた。

来年はエントリーできなくて残念だが再来年また走ってみたいな。

では、京都総括&アフターは次回。





にほんブログ村
こんばんは

昨日の整体で揉まれて痛かった膝裏。

今朝から痛くて痛くて階段がまともに昇降できない。

揉み返しなのか? 故障なのか?

これを書いてる今でも痛みはひかない。

明日起きたら痛みがない事を祈ろう。




京都。

12km過ぎ位の【きぬがけの路】の下り坂で補給のほとんどを落としてしまった状況から。

残す補給はメイタンとハニースティンガー(ジンセン)。

不幸中の幸いというか何と言うか、どちらもカフェイン入り。

ペースが落ちかけた時に摂ろう、それまではエイドを利用して走ってみようと覚悟する。

見慣れた西大路通や北大路通を走ると安心。

11km~15km
4:49
4:53
4:39
4:56
4:46



鴨川沿いを北上し折り返し北山通を東へ走ると【中間点】

ここでのグロスタイムが1:44:08

16km~20km
4:56
4:54
4:52
4:49
4:43



スタートから重く感じていた脚が20km過ぎから軽く感じていたので、『おっ、自己ベストいけるんじゃね』と思ってしまった。

21km~25km
4:50
4:47
4:41
4:50
4:48



気の緩みは禁物ですね。

北山通を折り返し、25km地点を過ぎ下鴨中通を南下し折り返した所で脹脛が攣ってしまった。

それでも3.5ペーサーは後方にいる事が分かり何とか逃げ切ろうとする。

植物園をグルグル走らされ余計に脚に負担がくる。

そして問題の鴨川沿いの土コース。

休日ゆっくり走るのなら最高なんだろうな~

でもガチで走るには狭いし、凸凹があるし、ぬかるんだ所もあり怖かった。

それに攣るのが両脚の脹脛に発症しだして立ち止まる回数が多くなってきた。

ボランティアのおっちゃんが、「この先の救護所にスプレーあるよ」と教えてくれた。

その救護所へ飛び込むも、「スプレーは無いよ」と言われガックリ。

ここで心は折れ3.5は諦めた。

丸太町通に出る前に3.5ペーサーに抜かれたこともあるし。

26km~30km
4:55
5:46
4:58
518
5:05


このままズルズルとペースが落ちるのかと自分でもガックリ。

でも丸太町通で再びカブさん・ひよパパさん・エムさんの応援を受けたのでもうちょっと頑張ろうと思えた。

IMG_1728.jpg


ありがとう(^o^)/

この数秒後に攣ってしまって立ち止まるのだが。(・_・)


さああと10kmもない。

攣らない様にストライドを狭くしてピッチで稼いで走ろうと思ったのもこの地点から。

でもやっぱり攣っちゃう。

こんなに攣ったのは初めてやし、心肺も脹脛以外の筋肉もまだまだいける状態だったので悔しかったな~




では次回はゴールまでを。






にほんブログ村







こんばんは

筋肉痛がないものの整体へ行ってきた。

自覚症状がないがあちこちに故障の種ができてたみたい。

特に膝の裏側が酷い様で、指をグイグイ入れられた途端に絶句・・・。

冷や汗が出るくらい痛いというか気持ちよいというか。

楽になったので先生に「走っていいかな?」と尋ねたところ、「今日はだめ!明日は走ってもいいけどジョグでちょっとだけで」との事。

無理する必要もないので、ぼちぼち走ろう。




京都。

当日の朝は4時起床。

朝ご飯はうどんとおにぎり1個を頂く。

最寄りの駅から始発電車に乗る。

京都駅に7時前に着き、マラソンバスで西京極競技場へ。

トイレ探しで時間を費やしてしまい集合場所に行くのがギリギリになってしまう。

kenさんに率いて頂きゴニョゴニョ・・・

同じBブロックの山ちゃんとあれやこれやと話しているうちに、「おんゆあまーく」

スタートロスは1分弱。(正確には57秒)

嵐山へ向け緩やかな上りで北上。

スタート~5km
5:09
4:43
4:48
4:51
4:55


心の中で『抑えて抑えて』と自分を言い聞かせる。

抜いていくランナーには、『また後で』と見送り、冷静に走る。

高架を超え丸太町通を横切り、大覚寺や広沢の池。

実はこの辺りを試走していたのでこの先の上り坂で5分台を見るかと思っていた。

案の定5分ちょっとだったが思っていた範囲内で焦ることもなく走る

やはり経験は大事。

6km~10km
4:49
4:53
4:46
4:45
5:04


福王寺交差点を過ぎて、わら天神までの区間。

ここで悲劇が。

12km~13kmの区間だった。

早めにミネラル補給をしようと、塩熱サプリを摂ろうと思って【Flip Belt】に仕込んでおいた【Ziploc】を取り出す。

ところがその【Ziploc】、普段のランでも使っていたので劣化していた。

口を止めていても底が破れていた。

破れた底から全てが落ちていく。

まるでスローモーション。

アミニバイタルゴールド・芍薬甘草湯・塩熱サプリ・塩飴がアスファルトに落ちる。

後続のランナーがびっくりして避けるのを感じ申し仕分けないとは思ったが、自分のこれからの30kmの道程を考えてしまった。

(シロメ)どころではなく(顔面蒼白)

残すは、小袋ふたつ。

1つはエナジージェル&マグオン。

もうひとつはメイタン&ハニースティンガー

それを確認しようと【Flip Belt】をグリッと回す。

悪夢再び。

エナジージェル&マグオンの入った袋がポトリ。

引き返して拾えばよいのだがまだまだ序盤、立ち止まるのは危険なので泣く泣くスルー。

さて、残す距離は30km。

しょぼいながらも立てた計画が崩れてしまった。

ペース表も忘れたし(泣

頼る物が無くなってきた。

どうする?

そんな撃沈前の走りは次回に。









にほんブログ村
こんばんは

昨日走った京都マラソン

帰宅後色々と思い返しているうちに悔しくって悔しくって眠れず、ようやく眠りについたのは明け方の4時。

(決してメイタンを服用したからではなくあくまで悔しかったということで)

2時間の睡眠やったけど6時にはすっきりと目覚める。

今の状態なら再チャレンジできるのではないかと、3月・4月のフルマラソンでエントリー可能な大会を探してみるも【三木防災スプリングマラソン】くらいしかない。

しかし、評判が・・・だし、遠方なのでやめておく。

以前にも書いたかと思うが、今年の飛騨高山(6月)を走ったあとは2017年3月まで日曜日が自由に使えず大会に参加することができない。

そんな1年を過ごした後、フルマラソンでPB更新を狙ってトレーニングできるかどうかが不安。

だから京都の結果が悔やまれる。

嘆いているばかりではいけないので反省の意味も含め振り返ってみよう。




まずはコレ↓

20160221kekka.png

25kmまでは順調。

というか抑えて走ったつもり。

そのまま4:55ペースでいくつもりが、両脚のふくらはぎが攣ってしまっていわゆる撃沈。

ただ、攣ってしまって立ち止まってしまうのだが、走るスピードはそれまでと変わらずに走れた。

だから悔しい。

例えば、河原町通を南下し市役所を折り返し、再び河原町通を北上する35km~36kmの区間。

ここは攣らなかったのでノンストップ。

そのラップがコチラ↓

2016022136.png

ストライドは狭くして、ピッチ重視。

ゴールまで走ってる時はこの走り方を維持。

ただ、攣って立ち止まったから休み休みで走れたのかもしれない。

全てを受け入れなければいけないよな~。







まずは総括から書いてみたけど、次回からは備忘録的にダラダラ書いてみよう。





10km過ぎでメイタン以外の補給を落とさなければ結果は変わっていたのかもしれないが。

にほんブログ村